【QMA】理系学問スロット覚え書きNo.2

201,別名を「キリンレイヨウ」という、二本脚で立ち上がって樹の上のエサを食べる習性で知られる動物
→ジェレヌク

202,ホスピス運動の創始者として知られるイギリスの女性医学者
→シシリー・「ソンダース」

203,ホタルや深海魚が起こす生物発光の源となる低分子物質
→ルシフェリン

204,哺乳類の肝臓において、有害なアンモニアを尿素に変換する代謝回路は?
→「オルニチン」回路

205,毎年秋に誠文堂新光社より刊行される、天文関係のデータを集めた年表
→天文年鑑

206,マントル最上部と地殻からなる地球の表層を形づくる層で、日本では「岩石層」とも呼ばれるのは?
→リソスフェア

207,水に溶けやすく、融点が約ー13℃と比較的低いので、水冷エンジンの不凍液として用いられる物質
→エチレン「グリコール」

208,水によく溶け、粘性が高いので食品用糊料や安定剤として用いられる、紅藻類から得られる多糖類の一種
→カラギーナン

209,無限に長いテープに記録された情報を、ヘッドで読み書きすることにより問題を解いていく概念
→チューリング

210,メスの妊娠期間が約3年半と以上に長いことでも知られる「生きている化石」の1つに数えられるサメの一種
→ラブカ

211,木星を探査するために2011年にNASAが打ち上げた惑星探査機
→ジュノー

212,山形県の老舗豆菓子メーカーの社長でもある、二本で最も多くの超新星を発見している世界的アマチュア天文家
→板垣公一

213,ラテン語で「真珠」という意味のかんむり座のアルファ星
→ゲンマ

214,理科教育に音楽を取り入れ「歌う生物学者」とも呼ばれる東京工業大学の教授
→ 本川達雄(もとかわ たつお)

215,『理科系の作文技術』などの著書でも有名な、薄膜や固体表面に関する研究で名高い日本の物理学者
→木下是雄

216,流体の菅摩擦損失の計算式や対数や三角関数表を作成したことで知られる、フランスの数学者
→ガスパール・ド・「カルノー」

217,レンギョウの花粉や哺乳類の乳や哺乳類の乳に含まれる「乳糖」とも呼ばれる物質
→ラクトース

218,ロバは何科の動物?
→ウマ(科)

(最終更新日:2014/03/10)
スポンサーサイト

テーマ : クイズマジックアカデミー
ジャンル : ゲーム

【QMA】理系学問スロット覚え書きNo.1

1,0℃、1気圧の気体1立法cmに含まれる分子の数のことをオーストリアの化学者の名から?
→「ロシュミット」数

2,0~9の10個の数字を使って4桁の整数を作るとすると全部で何通りできる?
→4536

3,17世紀に世界初の実用的な反射望遠鏡を発明したスコットランドの天文学者は?
→ジェームズ・「グレゴリー」

4,1786年にフランスの天文学者ピエール・メシャンによって発見された、約3.3年の周期で公転する彗星
→「エンケ」彗星

5,1803年にイギリスの化学者が発表した、気体が液体に溶ける時の溶解度に関する法則
→「ヘンリー」の法則

6,1811年にメアリー・アニングが初めて化石を発見した、「魚に似たトカゲ」という意味がある水棲爬虫類
→「イクチオ」サウルツス

7,1901年にフランスの化学者ウジェーヌ・ドマルセーが発見し「ヨーロッパ」のラテン語名にちなんで命名された元素
→ユウロピウム

8,1902年に火を吹いたマルティニーク島の活火山にちなむ噴火形式の名称
→「プレー」式噴火

9,1906年に、混合物を分析する「クロマトグラフィー」を発明したロシアの植物学者
→ミハイル・「ツヴェット」

10,1912年にノーベル化学賞を受賞したフランスの化学者/有機合成の際に用いる試薬にその名を残すのは?
→グリニャール

11,1923年に、インシュリンの発見によりノーベル生理学・医学賞をバンディングと共に受賞したイギリスの医学賞
→マクラウド

12,1923年に北京郊外の周口店で北京原人の歯を発見したスウェーデンの古生物学者
→ヨハン・「アンダーソン」

13,1932年に佐々木隆興と共に世界で初めて内蔵癌を作ることに成功した病理学者で、「吉田肉腫」にその名を残すのは
→吉田「富三」

14,1946年に「高圧物理学の研究」によりノーベル物理学賞/アメリカの物理学賞
→パーシー・「ブリッジマン」

15,1957年に愛知県豊橋市にあった鉱山で発見された、旧石器時代の化石人骨と思われるもの
→「牛川」人

16,1957年に文化勲章を受章した「日本の植物学の父」と呼ばれる植物学者
→牧野富太郎

17,1962年から1973年にかけて7号まで打ち上げられた旧ソ連のかつての火星探索計画
→「マルス」計画

18,1975年に打ち上げられ翌年7月に火星に軟着陸したアメリカの火星探査機
→「バイキング」1号

19,1977年に打ち上げられた2機の無人惑星探査機が活躍したNASAの太陽の外惑星探査計画
→「ボイジャー」計画

20,1981年にフロンティア起動理論により、ノーベル化学賞を受賞した日本人化学者
→福井謙一

21,1988年に無人での地球軌道周回飛行からの自動着陸を成功させた「ソ連版スペースシャトル」と呼ばれた宇宙船の名前
→ブラン

22,1989年2月に打ち上げられたJAXAが運用するオーロラ観測衛星の愛称
→あけぼの

23,1992年にエチオピアのアファール盆地で約440万年前の地層から発見された、世界最古の人類とされる猿人
→「ラミダス」猿人

24,1977年に打ち上げられた2機の無人惑星探査機が活躍したNASAの太陽系の外惑星探査計画
→「ボイジャー」計画

25,1桁の数を足し算を一定時間行うことで性格や適正を診断する検査のことを考察者の名から
→内田「クレペリン」精神検査

26,2003年10月に中国が有人軌道飛行に初めて成功したときに用いた宇宙船
→「神舟(しんしゅう)」5号

27,2007年10月に打ち上げられた中国初の月周回衛星
→「嫦娥(じょうが)」1号

28,2011年9月に打ち上げられた中国初の小型宇宙実験室
→「天宮(てんきゅう)」1号

29,中国の国防科学技術大が開発した1秒当たり2507兆回の計算が可能な世界最速のスーパーコンピューター
→「天河(てんが)」1号

30,中国初の人工衛星「東方紅1号」の打ち上げにも用いられた、中国の人工衛星打上げロケット1号機
→「長征(ちょうせい)」1号

※神舟のみ5号

31,2009年に打ち上げられたJAXAが運用する温室効果ガス観測技術衛星
→いぶき

32,2009年の新型インフルエンザ騒動の際にも話題に/特定の遺伝子を増幅して病気を検出するのは?
→PCR(Polymerase Chain Reaction)

33,2010年には小惑星探査機はやぶさのカプセル着陸地点にもなったオーストラリアにあるロケット打ち上げ施設
→「ウーメラ」試験場

34,2012年7月より飛行実証実験が行われている、宇宙航空研究開発機構(JAXA)にとって初の研究用ジェット機
→飛翔

35,2012年に推定100歳以上で死んだガラパゴス諸島に生息していたピンタゾウガメの最後の生き残り
→「ロンサム」・ジョージ

36,2012年に、マリアナ海溝において世界記録となる深度7000mを越える潜水に成功した中国の友人潜水艇
→蛟竜(こうりゅう)

37,4年に一度開催されフィールズ賞の授賞式が行われる国際数学者会議の略称
→ICM(International Congress of Mathematicians)

38,Aの約数の和はBになり、Bの約数の和はCになり、Cの約数の和はAになる関係の3組以上の数
→「社交」数

39,アインシュタインが3つの有名な論文を発表した「奇跡の年」は西暦何年?
→「1905」年

40,足がしびれたり、むくんだりするビタミンB1の不足によって引き起こされる病気
→脚気

41,アニメ『花の子ルンルン』の第1話にも登場/別名をクマツヅラ科の花
→バーベナ

42,アメリカ合衆国で一般的に使われる、約453.6gに相当する重さの単位
→ポンド

43,アメリカヒョウ、アメリカトラなどとも呼ばれる、メキシコから南アメリカにかけての森林に棲むネコ科の動物
→ジャガー

44,アリやハチなど生きている宿主の中で成長し、成虫になってもメスは宿主の中で一生を過ごす撚翅目の寄生昆虫
→ネジレバネ

45,ある条件を満たした場合に起こる固体内原子核のγ線共鳴吸収現象
→「メスバウアー」効果

46,アルファベットを用いて元素記号を表すことを最初に提案したスウェーデンの化学者
→ベルセリウス

47,一般的にヒトの染色体の数
→「46」本

48,一般には「10のマイナス24乗」を意味するといわれる日本で使用される数の単位で最小の物
→涅槃寂静

49,イヌ科の動物で最小といわれる大きな耳を持つキツネの仲間
→フェネック

50,医療現場で用いられる「結核」を表す略称
→TB

51,いわゆる「水虫」のことを正式な医学用語でいうと?
→汗疱状白癬

52,馬のような顔や鹿のような角を持つ動物・シフゾウは何科?
→シカ

53,英語で「ハイパーボラ」と呼ばれるのは?
→「双曲」線

54,「王の右腕」という意味があるケフェウス座のアルファ星
→アルデラミン

55,オスのヒョウとメスのライオンの間に生まれた雑種動物
→レオポン

56,オスのライオンとメスのトラの間に生まれた雑種動物
→タイゴン

57,主に唾液や膵液に含まれているデンプンを加水分解して糖にする消化酵素の総称
→アミラーゼ

58,界面化学の分野での功績により、ノーベル化学賞を受賞した科学者を受賞した科学者で、「プラズマ」を命名したことでも知られるのは?
→ラングミュア

59,グラスホフ数とプラントル数を掛けることで求められる流体の中での伝熱に関する無次元数
→「レイリー」数

60,開水路など、重力が支配的な流れにおいて用いられる流速と長波の伝播速度の比率を示す無次元数
→「フルード」数

61,対流による熱伝導と、熱伝導の比率を示す無次元数のことを、それを研究したドイツの化学者の名から?
→「ヌセルト」数

62,ヌセルト回転系の流体力学において 、非線形を示す無次元数のことをスウェーデン生まれの気象学者の名から?
→「ロスビー」数

63,「化学反応に伴う反応熱は、その反応の始めと終わりの状態だけで決まり、途中の道筋によらない」という法則
→「ヘス」の法則

64,拡張心筋症の治療/「バチスタ手術」を1996年に日本国内で初めて執刀した医師
→須磨久善

65,鹿児島県にあるJAXAのロケット打ち上げ施設/種子島宇宙センターと?
→「内之浦」宇宙空間観測所

66,可視光線より波長が短く、X線より長い、ヒトの目に見えない電磁波
→赤外線

67,波長は可視光線より長く電波よりは短い、ヒトの目に見えない電磁波
→紫外線

68,加水分解したものは血漿の代用として利用される、スクロースから生産される多糖類の一種
→デキストラン

69,かつてはキアイやタデアイから採られた/現在はアニリンから合成される青色の染料
→インジゴ

70,かつてマダガスカル島に生息し絶滅した鳥エピオルニスがモデルとされる、『千夜一夜物語』などに登場する伝説の巨大な鳥
→ロック

71,「慣性甲状腺炎」ともいう自己免疫の異常が原因で甲状腺に炎症が起きる、特に女性に多い病気
→「橋本」病

72,開水路など、重力が支配的な流れにおいて用いられる流速と長波の伝播速度の比率を示す無次元数
→「フルード」数

73,化学式C3H8で表されるLPガスの主成分をなす無色・無臭の気体
→プロパン

74,化学式C3H4N2O2で表されるRNAを構成する塩素
→ウラシル

75,化学式C4H4N2O2で表されるRNAを構成する塩基
→ウラシル

76,化学式C4H5N3Oで表される、核酸を構成する塩基の1つ/DNAではグアニンと水素結合して塩基対をつくるのは
→シトシン

77,化学式CH4で表される天然ガスなどに多量に含まれる無色・無臭の可燃性の気体
→メタン

78,科学者を意味する「サイエンティスト」という言葉を考案したイギリス人
→ウィリアム・「ヒューウェル」

79,かつてマダガスカル島のい生息していた、体長3mにも及ぶダチョウに似た巨大な鳥
→エピオルニス

80,加藤与五郎と武井武によって発明された、酸化鉄を主成分としたセラミックス
→フェライト

81,幾何学的な模様からペットとしても人気がある発見した動物学者から命名されたカエル
→「ベル」ツノガエル

82,希ガス元素の中で地球の大気内での存在量が最も多いのは?
→アルゴン

83,強制収容所での体験を元にした著書『夜と霧』で有名な20世紀オーストリアの精神科医
→ヴィクトル・「フランクル」

84,ギリシア語で「船」という意味の名を持つ、とも座で一番明るい星
→ナオス

85,ギリシア語で「軽い」という意味のことばを語源とする、電子やニュートリノのように強い相互作用を持たない素粒子
→レプトン

86,ギリシア語で「強い」を意味する単語にちなむ、強い相互作用をもった素粒子を表す言葉
→ハドロン

87,金の原子番号
→79

88,銀の元素番号
→47

89,水銀の原子番号
→80

90,鉄の元素番号
→26

91,銅の原子番号
→32

92,クジャクのオスに特徴的な美しく立派である羽毛の部分
→上尾筒(じょうびとう)

93,クモの糸、シルクなどの主成分となっている繊維状のタンパク質
→フィブロイン

94,ゲルラッハとの共同実験で有名な、1943年にノーベル物理学賞を受賞したドイツ生まれの物理学者
→オットー・「シュテルン」

95,「喧嘩太郎」の愛称で呼ばれた1957年から25年間に渡って日本医師会の会長を務めた人物
→「武見」太郎

96,現在の北アメリカ大陸の主要な部分にあたる、超大陸・パンゲア以前に存在したしたとされる大陸
→ローレンシア

97,原子番号は等しいが質量数が異なる原子のこと
→同位体

98,「酸素とオゾン」のように同じ種類の原子からなるが性質の異なる単位
→同素体

99,現在までのところ、月面に降り立った最後の人類であるアポロ17号の船長
→ユージン・「サーナン」

100,元素の周期表で横に並ぶ「周期」を英語で?
→ピリオド

101,「高原」という意味がある学習の過程で、進歩が一時的に止まってしまう停滞状態のことを指す教育心理状態の用語
→プラトー

102,恒星全体を球殻状に包み込む理論上の構造物の事を提唱した物理学者の名前
→「ダイソン」球

103,抗生物質・ストプレトマイシンの発見により1952年度にノーベル生理・医学賞を受賞
→セルマン・「ワックスマン」

104,合成化学物質が自然環境へ与える危険性を著書『沈黙の春』の中で警告したアメリカの生物学者
→レイチェル・「カーソン」

105,コールタールを精製して得られる防虫剤に用いられる白いうろこ状の結晶
→ナフタリン

106,国際単位系・SIの接頭辞/「10の6乗」を表すのは?
→メガ

107,国際単位系・SIの接頭語/「10の12乗」を表すのは?
→テラ

108,国際単位系・SIの接頭語/「10の21乗」を表すのは?
→ゼタ

109,国際単位系・SIの接頭語/「10の24乗」を表すのは?
→ヨタ

110,国際単位系・SIの接頭語で「10のマイナス3乗」を表すのは?
→ミリ

111,国際単位系・SIの接頭語/「10のマイナス12乗」を表すのは?
→ピコ

112,国際単位系における照度の単位
→ルックス

113,国際単位系における磁束の単位
→ウェーバ

114,「ゴルドシュミット法」とも呼ばれる、アルミニウムの燃焼を利用して金属を還元する手法
→「テルミット」法

115,昆虫の前胸腺から分泌を促すことから「脱皮ホルモン」という別名があるのは?
→エクジソン

116,コンピュータ用語としても用いられる、「2進法」を意味する英語
→バイナリ

117,細胞より小さく、ウイルスよりは大きい微生物の一群のことを特に何?
→プラスミド

118,細胞が、葉緑体を持つ植物と藻類などを捕食する生物に分裂するという、2005年に日本の研究者が発表した単細胞生物
→ハテナ

119,サボテンに規制するエンジムシの雌から得られる、鮮やかな紅色の色素
→コチニール

120,サンゴ、クラゲなどの刺胞動物の幼生
→プラヌラ

121,実験用や愛玩用として広く飼育されるキヌゲネズミ亜科に属する動物
→ハムスター

122,自然対数の底として用いられるネイピア数が超越数であることを証明した19世紀フランスの数学者
→シャルル・「エルミート」

123,地震が発生させるエネルギーの大きさを表す指標として「マグニチュード」を提唱したアメリカの地震学者
→リヒター

124,硝酸の工業的製法に名前を残すドイツ化学者/触媒作用や化学平衡の研究により1909年にノーベル化学賞を受賞
→オストワルト

125,植物が窒素を代謝する際に不可欠な、原子番号42の元素
→モリブデン

126,心臓にある4つの部屋の中で肺動脈が出ているのは?
→右心室

127,水酸基、カルボキシル基など有機化合物を同族として特徴づける原子団
→官能基

128,数学で最小公倍数のことをアルファベット3文字で?
→LCM(Least Common Measure)

129,数学で最大公約数のことをアルファベット3文字で?
→GCM(Greatest Common Measure)

130,数学の順序集合で、下限を表すアルファベット3文字
→inf

131,数学の順序集合で、上限を表すアルファベット3文字
→sup

132,「数学のノーベル賞」と言われるフィールズ賞を日本人として初めて受賞した数学者
→小平邦彦

133,「数学のノーベル賞」と言われるフィールズ賞を日本人として二番目に受賞した数学者(出題未確認)
→広中平祐

134,「数学のノーベル賞」と言われるフィールズ賞を日本人として三番目に受賞した数学者(出題未確認)
→森重文

135,ストレスや生活の乱れが原因で、腹痛・下痢・便秘などの症状が起きる「過敏性腸症候群」
→IBS(Irritable bowel syndrome)

136,すべての元素の原子量は水素の原子量の整数倍であるという仮設/提唱した医師の名前
→「プラウト」の仮説

137,生化学に関する様々な業績を残したことから「生化学の父」とも呼ばれるドイツ出身の生化学者
→カール・「ノイベルグ」

138,生物の体が細胞でできていると提唱したドイツの植物学者
→「マティアス・」シュライデン

139,正十五角形のひとつの外角の角度
→「24」度

140,正十二角形の一つの外角の角度
→「30」度

141,セイヨウアカネの根に含まれる紅色の色素で、19世紀半ばに天然色素としては初めて人工合成がなされたのは?
→アリザリン

142,世界最小の陸生哺乳類の1つとされる、北海道の生息する動物は?
→トウキョウ「トガリ」ネズミ

143,前立腺がんを早期発見するための検査/英語の「前立腺特異抗原」の略から?
→PSA(prostate specific antigen)

144,その学名から「デモデクス」とも呼ばれる、「顔ダニ」と俗称される生物
→「ニキビ」ダニ

145,そのサプリメントは、瞬発力が必要とされるスポーツに特に有効/赤身の肉に多く含まれるアミノ酸の一種
→クレアチン

146,その姿はイリオモテヤマネコに似ている、別名を「チリヤマネコ」というヤマネコ
→コドコド

147,その名はイギリスのウェールズを意味している「ロングヘア・マンクス」と呼ばれたこともあるネコ
→キムリック

148,それ以上増えると爆発する恒星における内部からの光の放射圧の限界のこと
→「エディントン」限界

149,それを発見した「重イオン科学研究所」があるドイツの州の名前から命名/原子番号108の元素
→ハッシウム

150,太陽系外で地球に似た惑星を探すのを目的に2009年3月に打ち上げられた、NASAの宇宙探査機
→ケプラー

151,対流圏の中層にあらわれる規則的にならんだ丸みのある雲で、「羊雲」「だんだら雲」と呼ばれるのは?
→「高積」雲

152,対流圏の中層にあらわれる灰色がかった厚い雲で「おぼろ雲」とも呼ばれるのは?
→「高層」雲

153,氷晶が集まってできた薄いベール状の雲で「薄雲」とも呼ばれるのは?
→「巻層」雲

154,氷晶が集まってできた、まだら状、または波上の雲で「さば雲」「うろこ雲」とも呼ばれるのは?
→「巻積」雲

155,種なしブドウを作る際に利用される、植物の生長を強く促進する作用をもつ植物ホルモン
→ジベレリン

156,タンパク質を加水分解して得ることができる、タンパク質の構成単位
→アミノ酸

157,蓄電池を使用する時に容量を残した状態で放電を中止すると容量が減少したように見えること
→「メモリー」効果

158,地球上での生命の起源について「コアセルベート説」をたてたロシアの生化学者
→アレクサンドル・「オパーリン」

159,父のカール・マンネは1924年に息子のカイも1981年にノーベル物理学賞を受賞
→ジーグバーン

160,超新星の爆発後に残った中性子星がその正体と考えられる/電波やX線を周期的に規則正しく放射している天体
→パルサー

161,著書『地中の物理』において「燃える土」という元素があると提唱したドイツの化学者
→ヨハン・ヨアヒム・「ベッヒャー」

162,著書に『人間―この未知なるもの』がある、血管縫合術で名高いフランスの外科医
→アレクシス・「カレル」

163,超伝導の状態にある物質に外部から磁界を加えると物質内部の磁束がゼロになる現象
→マイスナー(効果)

164,強い相互作用をする粒子「ハドロン」を大きく2つに分けると、メソンと?
→バリオン

165,「鉄筋コンクリート構造」のことを略して「○○」構造
→「RC」構造

166,天王星の衛星ミランダと海王星の衛星ネレイドを発見したアメリカの天文学者
→ジェラルド・「カイパー」

167,電離層の存在を予言したことで知られるイギリスの物理学者
→オリバー・「ヘヴィサイド」

168,ドイツ語で「森の死」という意味がある、環境汚染などにより森林が枯れ失われていく現象
→ヴァルト「シュテルベン」

169,統計的・数学的手法を用いてデータ分析を行う、英語では「econometrics」と呼ばれる経済学の分野
→「計量」経済学

170,「糖類およびプリン誘導体の合成」により、1962年にノーベル化学賞を受賞したドイツ人
→エミール・「フィッシャー」

171,動粘度と温度拡散率の比で定義される、熱伝導に関する無次元数
→「プラントル」数

172,流れ場が連続体として扱えるか否かを決定する、流体力学で用いられる無次元数
→クヌーセン数

173,流体の動粘度と拡散係数の比で表される、流体力学で用いられる無次元数
→シュミット数

174,流体力学では流れの性質を調べるために用いられる、慣性力と粘性力との比
で定義される無次元数
→レイノルズ数

175,土星のプロメテウスのように、その重力により惑星の「輪」をくっきりと保つ働きをもつ衛星
→「シェパード」衛星

176,軟体動物や甲殻類の血液中に含まれ、血中で酸素運搬の役割を果たす、銅を含んだ色素タンパク質
→ヘモシアニン

177,日本人では木村資生だけが受賞している、イギリスの王立協会が優れた進化学者に贈る賞
→「ダーウィン」メダル

178,日本人で初めて国際天文学連合の会長に就任した天文学者で人工衛星の軌道を割り出す式にその名を残す
→古在由秀

179,日本では「源氏星」とも呼ばれるオリオン座のベータ星
→リゲル ※α星はベテルギウス

180,日本では「糖原質」という動物のエネルギー源として重要な役割を果たす、肝臓や
筋肉に含まれる多糖類
→グリコーゲン

181,ニホンザルの学名
→「マカカ」・フスカタ

182,日本の動物園で見られるバクのほとんどを占めるのは、白と黒の模様で知られる
→「マレー」バク

183,ニューロンとニューロンとの接続部を「シナプス」と名づけたイギリスの生理学者
→チャールズ・「シェリントン」

184,ニワトリやウズラは何科の鳥
→キジ(科)

185,脳の松果体という部分から分泌されるホルモンで睡眠周期の調整に深くかかわっているのは?
→メラトニン

186,ノドの部分を共鳴させてすさまじい鳴き声を放つことで有名な、オマキザル科のサル
→「ホエ」ザル

187,梅毒の特効薬・サルバルサンを開発した2人の化学者はドイツのエールリヒと日本の誰?
→秦佐八郎

188,吐き出した糸で巣を作る習性/漢字では「紡蟻」と書く昆虫
→ツムギアリ

189,白亜紀の後期に栄えた恐竜で、その名前には「こぶトカゲ」という意味があるのは?
→ノドサウルス

190,激しく湾曲した4mもの牙を持っていた、新世代の第四紀に生息していた史上最大のゾウ
→「インペリアル」マンモス

191,羽にある白い斑紋が3本の帯のように見えることから命名されたタテハチョウ科の蝶
→「ミスジ」チョウ

192,ヒト免疫不全ウイルスを発見/2008年にノーベル生理学・医学賞を受賞/フランスの医学者
→リュック・「モンタニエ」

193,ヒトを始めとする脊椎動物の網膜に含まれ、光を受け取るのに重要な役目を持つ、別名を「視紅」という色素
→ロドプシン

194,フェノールをニトロ化して生成される物質でかつては火薬として用いられたのは
→「ピクリン」酸

195,ふたご座のα座はカストル、βはポルックスですがγ星は?
→アルヘナ

196,物理学で、磁場中を運動する荷電粒子が磁場から受ける力をオランダの物理学者の名前から?
→ローレンツ

197,「プリオンの研究」により1997年にノーベル生理・医学賞を受賞したアメリカの学者
→スタンリー・「プルシナー」

198,分子式C5H5N5Oで表される核酸を構成する塩基の一種で海鳥の糞の堆積物から発見されたことから名前が付けられたのは?
→グアニン

199,平衡感覚をつかさどる内耳の異常により、耳鳴りや難聴を伴うめまいの発作が繰り返し起こる病気
→「メニエール」病

200,別名を「アニリンパープル」という、1856年にウィリアム・パーキンが発見した世界初の合成染料
→モーブ

(最終更新日:2014/03/10)

テーマ : クイズマジックアカデミー
ジャンル : ゲーム

蒼風 on twitter
バナー等
2017年5月26日発売のNavel新作『月に寄りそう乙女の作法2.1エスパル』を応援しています! 2016年5月27日発売のNavel新作『乙女理論とその後の周辺』を応援しています! 2014年発売予定のNavel新作『月に寄りそう乙女の作法2』を応援しています! 2013年7月26日発売のNavel新作『乙女理論とその周辺』を応援しています! 2012.10.26発売のNavel新作『月に寄りそう乙女の作法』を応援しています!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者数
プロフィール

蒼風

Author:蒼風
QMA廃人だったなにか。再整備中。

(最終更新日:2017/04/22)

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
タグクラウド

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ