【QMA】文系学問キューブ問題集No.3

 問題文回答読み/解説
1ゼウスとの間に9人のミューズを生んだギリシア神話の女神ムネモシュネ 
2中世スペインの叙事詩に登場する英雄エル・シドの愛馬バビエカ 
3「花飾り」という意味があるルネサンス期のイタリアの画家ギルランダイオ 
4権力に任せて、物事を強引におこなうことですけんぺいずく 
5第二世界大戦のドイツ軍の主力戦闘機を開発した航空機製造会社フォッケウルフ 
6ナチス・ドイツの暗号機エニグマを1918年に発明した人物シェルビウス 
7『ガリア戦記』第8巻を書いたカエサルの部下ヒルティウス 
81215年イギリスのジョン王がマグナ・カルタに署名した場所ラニーミード 
9小説『シルトの岸辺』で有名なフランスの作家グラック 
10デモステネスと対立した古代ギリシャの弁論家デモステネス 
11「中」にかかる枕詞ですさきくさの 
12「バラの画家」と呼ばれたベルギーの画家ルドゥテ 
13フランス革命期の裏切り行為で有名なフランスの軍人デュムーリエ 
14著書に『二十二史考異』がある清の時代の考証学者せんたいきん銭大昕
15「叫び声」や「悲鳴」という意味がある英単語SHRIEK 
16『窓ぎわのトットちゃん』の挿絵も描いた女性画家いわさきちひろ 
17カナダのケベックを建設したフランスの探検家シャンプラン 
18オスマン帝国で、君主を補佐する大宰相の事サドラザム 
19ナボコフの小説『ロリータ』の主人公の名前ハンバート 
201804年に世界初の蒸気機関車を製作したイギリス人トレシヴィック 
21その第7巻は日本最古の農書といわれる土居清良の伝記せいりょうき清良記
22唯一の小説『オーベルマン』で知られるフランスの作家セナンクール 
23ノーマン・メイラーの小説『裸者と死者』の舞台となる島アノポペイ 
242010年に映画監督デビューしたプロフィール不明の覆面芸術家バンクシー 
25印象派の画家の拠点となったパリのお店は「カフェ・〇〇〇〇」ゲルポワ 
26第一次世界大戦が勃発した当時のドイツ帝国首相ホルヴェーク 
27ギリシャ神話に登場するアキレスの息子ネオプトレモス 
28『ドイツの悲劇』でナチスを批判したドイツの歴史学者マイネッケ 
29ギニアの初代大統領の名前セク・トゥーレ 
30小説『黒の過程』で有名なフランスの女流作家ユルスナール 
31アメリカの作家セオドア・ドライサーの代表作シスターキャリー 
32アカデメイアの第2代学頭を務めたギリシャの哲学者スペウシッポス 
331967年にノーベル文学賞を受賞したグアテマラの作家アストゥリアス 
34小説『蒼ざめた馬』で知られるロシアの作家ロープシン 
35ポスター『北星号』で有名な20世紀フランスの画家カッサンドル 
36オリンポス12神の中の愛と美の女神アフロディテ 
37戯曲『アルト・ハイデルベルク』で有名なドイツの作家フェルスター 
3820世紀初頭にデ・ステイルを結成したオランダの画家ドースブルフ 
39アポリネールが命名した抽象絵画の一派オルフィスム 
40数理経済学の始祖とされるフランスの経済学者クールソー 
41『マーティン・ドレスラーの夢』で知られるアメリカの作家ミルハウザー 
42代表作に『電気の精』があるフランス野獣派の画家デュフィ 
43奴隷制廃止後のアメリカに現れた「分益小作人」と訳される身分シェアクロッパー 
44「案の定」「やはり」といった意味の言い回しはたせるかな 
45版画遺作『放蕩息子一代』で有名なイギリスの画家ホガース 
46ニューヨーク・ダダの一員だったフランスの画家ピカビア 
47代表作に『パリの通り、雨』があある印象派の画家カイユボット 
48『スプーンおばさん』シリーズで有名なノルウェーの作家プリョイセン 
49バルザックの小説『ゴリオ爺さん』に登場する謎の大男ヴォートラン 
50小説『特製のない男』で有名なオーストリアの作家ムージル 
51「殴る」という意味の讃岐弁の動詞くらっしゃげる 
52小説『ニルスのふしぎな旅の主人公はニルス・〇〇〇〇〇〇ホルゲルソン 
5314世紀イタリアの詩人ペトラルカの代表作カンツォニエーレ 
54鎌倉幕府で、侍所の初代別当わだよしもり 
551792年のヴァルミーの戦いでフランスを率いて鼓舞した将軍ケレルマン 
56「ミスター・ニエット」と呼ばれたソ連の外交官グロムイコ 
57動物学者・丘浅次郎が創案した人工言語ズィレンコ 
58バビロンの都市造営を行ったアッシリアの伝説上の女王セミラミス 
59「高貴な人にお目にかかるという意味の古語けんざんにいる 
60ドイツ語で「影」を意味する単語SCHATTEN 
611939年にノーベル文学賞を受賞したフィンランドの作家シランペー 
62『赤い木のある風景』で有名なフランスの野獣派の画家ヴラマンク 
63(検)代表作に『パリの包囲の寓意』がある19世紀フランスの画家メッソニエ 
64シュメール人が建設した古代メソポタミアの都市遺跡ニップル 
65(検)ルネサンス期のイタリアの画家ミケランジェロの姓ブオナローティ 
66(検)代表作に『破壊された都市』があるロシア生まれの彫刻家ザッキン 
67小説『サテュリコン』で有名な帝政ローマ時代の作家ペトロニウス 
68ドストエフスキーの小説『カラマーゾフの兄弟』の長男ドミトリー次男→イヴァン       三男→アレクセイ
69レールモントフの小説『現代の英雄』の主人公ペチョーリン 
701961年にノーベル文学賞を受賞したユーゴの作家アンドリッチ 
71小説『長距離走者の孤独』で有名なイギリスの作家シリトーアラン・シリトー
72「避難」という意味がある英単語REFUGE 
73江戸時代に仙台を訪れて伊達政宗に謁見したスペインの探検家ビスカイノ 
74「馬」を意味するフランス語の単語 CHEVALシュヴァル
75ドイツの劇作家クライストの代表作こわれがめこわれ甕
76オーストラリアで発見された化石人類ムンゴマン 
77「隣人」を意味するドイツ語の男性名詞NACHBAR 
78冬の風景画を得意とした17世紀オランダの画家アーフェルカンプ 
79代表作に『ズボンをはいた雲』があるロシアの詩人マヤコフスキー 
80シャトーブリアンの『アタラ』でアタラと恋に落ちる青年シャクタス 
81モンゴル人による元の首都大都の呼び名カンバリク 
82オスマン帝国最盛期の王スレイマン1世の別名カーヌーニー 
83『かんぬき』『ブランコ』などの作品があるフランスの画家フラゴナール 
84モスクワにある、ロシアの画家の作品が多く収められた美術館トレチャコフ 
85かつて首相も務めたフランスの政治家バラデュール 
86小説『失われた時を求めて』に登場する主人公の故郷の町コンブレー 
87太平洋戦争末期にパラオで起きた激戦は「〇〇〇〇〇の戦い」ペリリュー 
88代表作にサン・ロレンツォ教会があるルネサンス最大の建築家ブルネレスキ 
89「荒っぽく粗野である」という意味の表現かざっけない 
90言語で表現された内容のものを意味する哲学用語ディスクール 
91ヘラクレスに12の難行を与えたギリシャ神話の登場人物エウリュテウス 
92古代ローマの凱旋将軍の称号インペラトル 
93旧約聖書に登場する古代イスラエルの美少女アビシャグ 
94「何か訳があるのだろう」という意味の古語あるやうこそは 
95妻イーダをモデルにした作品で知られるデンマークの画家ハンマースホイ 
96ギリシャ神話に登場するアキレスの息子ネオフトレモス 
971924年から1948年まで使用されたドイツの公式通貨ライヒスマルク 
98室町時代の惣村の村人がみずから警察権を行使することじげけんだん 
991928年にノーベル文学賞を受賞したノルウェーの女流作家ウンセット 
100柳田国男はこの人の話を『遠野物語』にまとめましたささききぜん佐々木喜善


(最終更新日:2014/08/31)
スポンサーサイト

テーマ : クイズマジックアカデミー
ジャンル : ゲーム

tag : QMA

【QMA】文系学問キューブ問題集No.2

101,版画連作『放蕩息子一代』で有名/イギリス/画家
→ボガース

102,『これが人間か』『休戦』/イタリア/作家
→レーヴィ

103,小説『特性のない男』/オーストリア/作家
→ムージル

104,アメリカの作家セオドア・ドライサーの代表作
→シスターキャリー

105,無責任に他人の噂や批評を行う様子
→くちさがない

106,大和朝廷/任じる/地方官
→くにのみやつこ

107,戦国時代/剣の流派
→ふかじんりゅう

108,想像はできるが目に見えないものをたとえた表現
→あまよのつき

109,ドイツの都市カッセルで五年に一度行われる美術展
→ドクメンタ

110,新潟県出身の詩人・西脇順三郎の詩集
→あむばるわりあ

111,バーブルの子/ムガール帝国の第二代皇帝
→フマユーン(フマーユーン?)

112,ドストエフスキーの小説/『悪霊』/主人公
→スタヴローギン

113,第1次世界大戦でドイツの降伏調印式
→コンピエーニュ

114,「酒」という漢字の部首
→ひよみのとり

115,自分の知識が少ないと謙譲する言い回し
→かぶんにして

116,その第七巻は日本最古の農書と言われる土居清良の伝記
→せいりょうき

117,旧約聖書に登場する古代イスラエルの美少女
→アビシャグ

118,応天門の変を起こした平安時代の大納言
→とものよしお

119,アカデメイアの第二代学頭
→スペウシッポス

120,英語の「センチュリー」の語源/古代ローマの百人隊
→ケントゥリア

121,町人請負新田/越後国蒲原群の干拓地
→しうんじがた

122,1697年にファルツ戦争の講和条約が結ばれた都市
→ライスワイク

123,14世紀イタリアの詩人/ペトラルカの代表作
→カンツォニエーレ

124,1939年にノーベル文学賞/フィンランドの作家
→シランペー

125,アナトール・フランス/タイス/主人公
→パフニュス

126,ローマ皇帝の迫害を受けて各地に離散したユダヤ人
→ディアスポラ

127,代表作に『マルドロールの歌』/フランス詩人
→ロートレアモン

128,小説『三角帽子』/スペインの作家
→アラルコン

129,20世紀に活躍したフランスのマルクス主義哲学者
→リオタール

130,代表作『忘れえぬ女』/ロシア移動展派の画家
→クラムスコイ

131,ドイツの都市カッセルで5年に一度行われる美術展
→ドクメンタ

132,ベルリンの壁を構築/東ドイツの首相
→ウルブリヒト

133,10世紀に成立/ポーランドの王朝
→ピアスト(朝)

134,リュケイイオンの第二代学長
→テオフラストス

135,小説『アンナ・カレーニナ』に登場/アンナの恋人
→ヴロンスキー

136,1967年にノーベル文学賞/グアテマラの作家
→アストゥリアス

137,打ち消しの「な」をともなって「決して」の意味
→あなかしこ

138,ノーベル文学賞を受賞したポーランドの作家
→シェンキエビッチ(シェンキェビッチ?)

139,スリランカの首都の名の由来/同国の元大統領
→ジャヤワルデネ

140,ナボコフの小説『ロリータ』の主人公
→ハンバート

141,代表作に『老いぼれグリンゴ』
→フエンテス

142,「戦死者の父」/オーディンの別名
→ヴァルファズル

143,シェイクスピアの戯曲『テンペスト』の主人公
→プロスペロー

144,1967年にナイジェリアから一時的に独立した国
→ビアフラ

145,「バラの画家」と呼ばれたベルギーの画家
→ルドゥテ

146,上田敏や堀口大学の訳詩集で有名/フランスの詩人
→ヴェルレーヌ

147,『ウルビノのビーナス』/イタリアの画家
→ティツィアーノ

148,「高貴な人にお目にかかる」という意味の古語
→げんざんにいる

149,シェークスピアの戯曲『オセロ』の舞台となる都市
→ファマグスタ

150,ディストピア小説『われら』/ロシアの作家
→ザミャーチン

151,地獄の最下層に流れていると言う悲嘆の川
→コキュートス

152,議論や意見などがやかましい様子
→かまびすしい

153,マラトンの戦いで活躍/アテネの将軍
→ミルティアデス

154,室町時代の惣村の村人が自ら警察権を行使すること
→じげけんだん(地下検断)

155,1924年から1948年まで使用されたドイツの通貨
→ライヒスマルク

156,ギリシャ神話に登場/アキレスの息子
→ネオプトレモス

157,妻イーダをモデルにした作品/デンマークの画家
→ハンマースホイ

158,「何か訳があるのだろう」と言う意味の古語
→あるやうこそは

159,古代ローマの凱旋将軍の称号
→インペラトル

160,ヘラクレスに12の難行を与えたギリシャ神話の登場人物
→エウリュステウス

161,言語で表現された内容の物を意味する哲学用語
→ディスクール

162,「荒っぽく粗野である」という意味の表現
→ざっかけない

163,代表作にサン・ロレンツォ教会
→ブルネレスキ

164,太平洋戦争末期にパラオで起きた激戦
→ペリリュー(の戦い)

165,小説『失われた時を求めて』/主人公の故郷の町
→コンブレー

166,ノーベル文学賞も受賞したベルギーの詩人・作家
→メーテルリンク

167,ギリシャ死岩で転がり続ける岩を山頂まで押し上げる罪人
→シシュフォス

168,女性の髪型に名を残すフランス国王ルイ15世の愛人
→ポンパドゥール

169,可能性は低いが、もし発生すれば影響が甚大な事態になる危険
→テールリスク

170,長崎市の大浦天主堂を設計したフランス人司祭
→プティジャン

171,印象派の画家の拠点となったパリのお店は「カフェ・〇〇〇〇」?
→ゲルポワ

172,サン・ピエトロ大聖堂の建築主任だったルネサンス期の建築家
→ブラマンテ

173,常設のコレクションを持たず企画展に重点を置く美術館
→クンストハレ

174,20世紀初頭にデ・ステイルを結成したオランダの画家
→ドースブルフ

175,20世紀初頭の画家集団ブリュッケのメンバー
→ペヒシュタイン

176,1984年にノーベル文学賞を受賞したチェコスロバキアの作家
→サイフェルト

177,叙事詩『シャー・ナーメ』に登場する邪悪な暴君
→ザックハー

178,書、陶器作り、拳法に優れ尾張藩に仕えた明出身の漢学者
→ちんげんぴん

179,おでこという意味のペンネームを持つ19世紀ドイツの哲学者
→シュティルナー

180,慈悲深いように見えて実は凶悪であることのたとえ
→狼に衣(おおかみにころも)

181,オスマン帝国で、君主を補佐する大宰相のことを何と呼んだ
→サドラザム

182,ナポレオンが生まれたコルシカ島の都市
→アジャクシオ

183,日露戦争で戦死した軍人広瀬武夫と恋に落ちたロシア人
→アリアズナ

184,小説『クリスマス・キャロル』に登場する老人の主人公です
→スクルージ

186,イギリスの画家ターナーの代表作に描かれた戦艦は〇〇〇〇〇号
→テレメール

187,1969年にソ連軍と中国軍が衝突した島は〇〇〇〇〇〇島
→ダマンスキー島

188,代表作に『忘れえぬ女』がある19世紀ロシア移動展派の画家
→クラムスコイ

189,小説『失われた時を求めて』登場する主人公の故郷の町
→コンブレ―

190,「生成文法」という言語学の文法理論を提唱した言語学者
→チョムスキー

191,(ニュ)「赤い岩」という意味の、2013年に発見されたマヤ文明の遺跡は?
→チャクトゥン

192,ドイツの都市カッセルで5年に一度行われる美術展
→ドクメンタ

193,バビロニア神話に登場するサソリの尾を持つ半獣
→ギルタブルル

194,画家ジョージア・オキーフを妻に持った近代写真の父
→スティーグリッツ

195,「女性」を意味するフランス語の単語
→FEMME

196,1984年に京都市立芸術大学の学生を中心に結成されたアート集団
→ダムタイプ

197,シェークスピアの戯曲『テンペスト』の主人公
→プロスペロー

198,『地理史』を著した古代ローマ時代のギリシャ人地理学者
→ストラボン

199,「案の定」「やはり」といった意味の言い回しです
→はたせるかな

200,著書に『二十二史考異』がある清の時代の考証学者
→せんたいきん

(最終更新日:2014/08/31)

テーマ : クイズマジックアカデミー
ジャンル : ゲーム

tag : QMA

【QMA】文系学問キューブ問題集No.1

1,バビロニア神話に登場/七つの頭を持つ蛇の怪物
→ムシュマッヘ

2,サマセット・モーム/自身の経験/小説
→アシェンデン

3,フランスの作家スタンダール/デビュー作
→アルマンス

4,荒俣宏の/かつてのペンネーム/由来/アイルランド/作家
→ダンセイニ

5,著書に『19世紀ドイツ史』
→トライチュケ

6,大和の郡山城主/秀吉/五奉行
→ましたながもり

7,英語を取り入れて/砕けたフランス語
→フラングレ

8,17世紀オランダ/風景画家
→ロイスダール

9,作家のマルキ・ドサド/亡くなった/精神病院
→シャラントン

10,代表作に『弓を引くヘラクレス』/フランス/彫刻家
→ブールデル

11,アメリカで女性初の大統領候補/ビクトリア・
→ウッドハル


12,元禄時代、幕府の御用絵師/大和絵
→とさみつおき

13,暦をつかさどる江戸時代の役職
→てんもんがた

14,モリエールの小説『人間ぎらい』/主人公/恋/未亡人
→セリメーヌ

15,宮沢賢治の小説『竜と詩人』に登場/詩人
→スールダッタ

16,1904年/ノーベル文学賞/スペイン/作家
→エチェガライ

17,十字軍の派遣を要請/ビザンツ/皇帝/?1世
→アレクシオス

18,11世紀頃にインドに成立/王朝
→カーカティヤ(朝)

19,、無責任に他人の噂や批評
→くちさがない

20,1814年のウィーン会議に出席/ロシア全県代表団の首席
→ネッセルローデ

21,小説『黒の過程』で有名/フランス/女流作家
→ユルスナール

22,カエサルとポンペイウスが戦った
→ファルサロス(の戦い)

23,女流作家・荻野アンナの芥川賞受賞作
→せおいみず

24,「時が経てば物事は自然に成功する」
→すいとうきょせい

25,牛の頭蓋骨を描いた作品/アメリカ/女性作家
→オキーフ

26,極東軍事裁判でA級戦犯として文官で唯一絞首刑
→ひろたこうき

27,1938年以降、外相としてナチスの外交を担当
→リッベントロップ

28,1909年に「未来派宣言」を発表/イタリア/作家
→マリネッティ

29,動物、特に牛の絵を多く残した/フランス・バルビゾン派の画家
→トロワイヨン

30,1961年に第一回女流文学賞/
→あみのきく

31,小説『現代の英雄』で知られる決闘で死んだロシアの作家
→レールモントフ

32,ネオダダで活躍/20世紀アメリカの画家
→ラウシェンバーグ

33,「世界の七不思議」の一つ「マウソロス王の墓」があった都
→ハリカルナッソス

34,フランス東インド会社/拠点
→ポンディシェリ (シャンデルナゴルもある)

35,「成長の限界」を提言/世界の知識人による団体
→ローマクラブ

36,「恥ずかしく感じること」
→かんがんのいたり

37,「あまり感心しない」
→ぞっとしない

38,アム河とシル河の間にあった歴史的な東西交易の要地
→ソグディアナ

39,詩集『指輪と本』/イギリス
→ブラウニング

40,バルザックの小説『人間喜劇』シリーズに登場する軍医
→ビアンション

41,師匠から奥義を受け継ぐ
→いはつをつぐ

42,オスマン帝国内の騎士達に分与された「軍事封土」
→ティマール

43,戯曲『犀』『禿の女歌手』で有名/フランスの劇作家
→イヨネスコ

44,18世紀にはバルチック艦隊の本拠地
→クロンシュタット

45,太平洋戦争で1942年4月18日に起きたのは
→ドーリットル

46,トルコ初代大統領ケマル・パシャが1934年に得た称号
→アタチュルク

47,オーウェルの小説『1984年』の舞台である全体主義国家
→オセアニア

48,文学や芸術、思想における模倣や亜流を指す言葉
→エピゴーネン

49,大型機械を使った彫刻作品で知られる現代アートの作家
→ヤノベケンジ

50,スターリンに粛正されたソ連の政治家
→ジノヴィエフ

51,ギリシア神話のトロイ戦争/活躍/アキレスの部下
→パトロクロス

52,19世紀フランスの作家ローレアモンの代表作
→ポエジー

53, 代表作に『ドミニク』がある/フランスの小説家
→フロマンタン

54,アポリネールが命名/抽象絵画の一派
→オルフィスム

55,ミュージカル『屋根の上のバイオリン弾き』の原作者
→アレイヘム

56,フランス語で数字の3
→TROIS

57,奴隷制廃止後のアメリカに現れた「分益小作人」
→シェアクロッパ^

58,「酪農」/英語
→DAIRY

59,「就」という感じの部首
→だいのまげあし

60,チェーホフの小説『三人姉妹』で主人公の姉妹
→プローゾロフ

62,画家マティスのパトロン
→シチューキン

63,フランス、ロマン派の作家スタール夫人の代表作
→デルフィーヌ

64,モンゴル人民共和国の建国に尽力
→スヘバートル

65,かつて現在のシリア西部に存在した古代都市国家です
→ウガリット

66,ドストエフスキーの小説『白痴』の主人公
→ムイシュキン

67,小説『ガリバー旅行記』に登場する馬の国
→フウイヌム

68,アイヌ、ニプフとともに樺太に暮らしていた先住民族
→ウィルタ

69,アンデルセンの小説『即興詩人』に登場する歌姫
→アヌンチヤタ

70,ニューヨーク・ダダの一員だったフランスノ画家
→ピカビア

71,1215年イギリスのジョン王がマグナ・カルタに署名した場所
→ラニーミード

72,『存在の耐えられない軽さ』
→クンデラ

73,マゼランが世界一周の途中でなくなった島
→マクタン

74,絵画『モナリザ』にひげをつけたマルセルデュシャンの作品
→LHOOQ

75,『テレーズ・デスケルー』の作者/フランソワーズ・
→モーリヤック

76,マッカーサーの後任
→リジウェイ

77,16世紀スペインで始まった悪漢小説のこと
→ピカレスク

78,旧ソ連時代に検閲を逃れて地下で出版された書物
→ミスサダート

79,「万物の根源は空気である」/古代ギリシャ/自然哲学者
→アナクシメネス

80,樽の中に住んでいたと言われる古代ギリシャの哲学者
→ディオゲネス

81,1688年にイギリスで起こった名誉革命の中心勢力
→ジャコバイト

82,詩集『招魂祭』/ロシア/詩人
→エセーニン

83,フランス語で数字の4
→QUATRE

84,戦国武将・上杉謙信の居城
→かすがやまじょう

85,小説『あしながおじさん』の作者/ジーン・
→ウェブスター

86,「歯」という字を使った相手にしないという意味の表現
→しがにもかけない

87,作家フローベルの遺作は/ブヴァールと
→ペキュシェ

88,「それではまた」という意味のスペイン語
→アスタルエゴ

89,1900年にレーニンが創刊したロシア社会民主党機関誌
→イスクラ

90,小説『影をなくした男』/ドイツ/作家
→シャミッソー

91,ドイツ国会議事堂放火事件で逮捕されたブルガリアの革命家
→ディミトロフ

92,画家ジョン・オキーフを妻に持った近代写真の父
→スティーグリッツ

93,後深草院二条が書いたとされる鎌倉時代の文学作品
→とばずがたり

94,メルビルの小説『白鯨』で主人公たちがのる捕鯨船
→ピークォッド

95,バルザックの小説『ゴリオ爺さん』に登場する謎の大男
→ヴォートラン

96,フランス語で「戦後」という意味
→アプレゲール

97,カルヴァンによって火刑/スペイン/医師
→セルベトゥス

98,売れっ子ライターの薫里を主人公/俵万智の初の小説
→トリアングル

99,紀元前247年頃にパルティアを建国
→アルサケス(一世)

100,代表作に『ハイアワサの歌』/アメリカ/詩人
→ロングフェロー

(最終更新日;2014/08/31)

テーマ : クイズマジックアカデミー
ジャンル : ゲーム

蒼風 on twitter
バナー等
2017年5月26日発売のNavel新作『月に寄りそう乙女の作法2.1エスパル』を応援しています! 2016年5月27日発売のNavel新作『乙女理論とその後の周辺』を応援しています! 2014年発売予定のNavel新作『月に寄りそう乙女の作法2』を応援しています! 2013年7月26日発売のNavel新作『乙女理論とその周辺』を応援しています! 2012.10.26発売のNavel新作『月に寄りそう乙女の作法』を応援しています!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者数
プロフィール

蒼風

Author:蒼風
QMA廃人だったなにか。再整備中。

(最終更新日:2017/04/22)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
タグクラウド

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ